ブランディングってなに??

IMG_4832-540x360

ブランディング、ブランティングと良く聞かれるようになりました。が・・・いまさらながら人には聞けないってなっていませんか?

「ブランディング」とは何か?

ブランディング英: branding)とは、顧客の視点から発想し、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略のひとつ。ブランドとして認知されていないものをブランドへと育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し活性・維持管理していくこと。またその手法。 ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やサービス、それらを供給する企業や団体、また人物・建築物・史跡・地域・祭事 等々、営利・非営利、有形無形を問わずあらゆるものが該当する。

出典:wikipedia

「ブランディング」と言われてどんなことを思い浮かべますか?アパレルなどでは高級メーカーを「ブランド」と言っているのを想像する方もいるのでは?
ではなぜみんな、「ブランディング」と言うのでしょうか。目的は「企業価値の向上」だと思っています。

数字では言いにくい他社との差別化要素かと。

ブランディングは、企業が長期にわたり、生き残っていくために欠かせない経営戦略の結構需要な要素です。今ある商品やサービス、これから作る商品やサービスをどうやって売るかのマーケティングより重要で会社の価値まで左右されかねない大切なものだと思います。

ピーアールストーリーはしっかりとヒアリングのもと、想いやストーリーをきちんと入れたブランディングを得意とし、しっかりとブランディングに取り組むお手伝いをしております。

ぜひこの機会に見直してみてはいかがでしょうか。

 


この記事を書いた人

販促PRプランナー榎本紘子

販促PRプランナー/学生時代は読者モデルとして活動。販売促進スタッフ、人材派遣会社のマネージャーを経て、広告事務所HAPPYOFKSを起業。モデルコーディネート及び、取材・編集、販売促進に関わる。NPO法人神戸ベイビーカフェでは、活動したい女性を販促PRの側面からサポートしている。
特定非営利活動法人神戸ベイビー理事長/第1回週末起業家大賞女性起業家大賞受賞/輝く女性80人『朱夏』選ばれる/長男次男の2子の母親