Googleアドセンス 広告設置数 上限撤廃に。4枚以上配置可能になっています

Googleアドセンス 広告設置数 上限撤廃に。4枚以上配置可能になっています

サイトやブログを運営している人にとって収益の柱の1つにグーグルアドセンス広告という人は多いかと。サイトから収入を得る方法としてGoogleアドセンスもご紹介しております。

2016年8月より、Googleアドセンスの広告設置数の上限が撤廃となり、いくつでも広告を設置できるようになりました。

ということは、「広告貼り放題!!」「クリック広告で稼ぎ放題!!」とならないのがさすがGoogle。

まだ撤廃になったということを知らない方もいるかと思います。

審査が厳しく、監視の目も厳しいことで有名なGoogleのアドネットワーク「GoogleAdsense」。

違反をするとアカウント停止など厳しい措置が取られていました。厳密なポリシーの中で特に注目するところを少しまとめておきたいと思います。

 

Googleアドセンスとは?? 広告設置数 ポリシー上限撤廃前(2016年8月まで)

そもそもGoogleアドセンス(グーグルアドセンス)とは、

自分(自社)のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができるGoogleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスのこと。

サイト運営に携わる人にとって、Googleからのアドセンス広告を貼ることで、少しばかりかでも本業の収益にプラス、サイトから収入が得られることは、サイト運営にかかるコストを少しでも軽減できるきっかけになるのではないでしょうか。

Google AdSenseは企業や個人を問わず、ブログを運営を含むあらゆるサイト運営者が、サイトからの収入で生計を立てることも夢ではなくなります。

また、Googleアドセンス(グーグルアドセンス)は広告担当者にとっても、より低価格で計画的に広告効果を得られる仕組みです。

広告出稿者にとっては低コストから考えられる販売促進方法として、サイト運営者にとっては、サイトから収入を得られる方法として、双方にもメリットのある仕組みだと思っています。

広告出稿者もサイト運営者も比較的導入しやすいGoogleアドセンスではありましたが、双方にとってより安全で健全な広告システムを維持していくために、厳しいポリシーが設定されているというのも有名です。

その中でも有名なアドセンスのポリシーとして、

注意しながら運営しなければならなかったのは「アドセンスは1ページにつき最大3つまでしか配置できない」というルールがありました。

代表的なポリシーとして

  • コンテンツ向け AdSense ユニットは 3 つまで
  • リンクユニットは 3 つまで
  • 検索ボックスは 2 つまで

というのがありましたが、Adsenseのヘルプページを見ると、以前は「適切な広告設置」というカテゴリーに「1ページに設置可能な広告の上限」という項目がありましたが、8月中旬から広告設置数の上限が撤廃されました。

つまり今までは1ページに3つまでしか設置できなかった広告が、4つ以上の設置が可能となりました。

 

アドセンスの広告設置数の上限撤廃!4つ以上設置で注意すべき点

現在アドセンスのヘルプページを見ると、この規約が消えていて、代わりに「価値の高い広告枠」という項目が追加されています。

  • 広告はページのコンテンツより多くなってはならない
  • コンテンツはユーザーにとって価値のあるものでなければならない
  • コンテンツに見合わない過度な広告掲載は、表示を制限されるか無効になる場合がある

このことはGoogle Adsense公式ヘルプフォーラムエキスパートの竹中さんも記事でまとめられています。

【参照記事】アドセンスの広告設置数の上限撤廃!4つ以上設置で注意すべき点

ルールの変更により、規約上はアドセンス広告を4つ以上設置しても違反ということにはならなくはなりましたが、私も結局のところ、3つという上限ルール以上にルールが厳しくなったと思います。

記事の内容(価値)よりも広告のほうが目立ってはいけないという前提のもとに定められたルールで、基本原理は規約変更後も変わっていません。

「適切な広告設置」から「価値の高い広告枠」とさらに明確になったと言えるとと思います。

記事の内容に見合うだけの広告は設置していいが、見合っていない広告数を設置するのは違反ということは変わっていません。

ただ、怖いのが『見合っているか見合っていないか』の判断はgoogle側の裁量ということ。

極論を言うと、広告設置が1つだとしても、記事がそれに見合うだけの価値を提供していないとgoogleが判断すれば、違反になってしまい、アドセンスのポリシー違反でアカウント停止になる可能性があるということ。

もう一度言いますが、広告の掲載数に限らず、よりよいサイト運営、健全なサイト運営をしていきなさい!と厳しくなったと言えます。

詳しくは『広告の配置に関するポリシー』も参照ください。Googleアドセンス関連の書籍も多数出版されています。

 

現役アフィリエイターが教える! しっかり稼げる Googleアドセンスの教科書

著者:三木美穂

出版社: 技術評論社

初版発行:2015年12月

定価:本体1,680円+税

>Amazonで見てみる

>楽天市場で見てみる

 

できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術

著者:染谷 昌利

出版社: インプレス

発行:2014年9月

定価:本体1,680円+税

>Amazonで見てみる

>楽天市場で見てみる